意外にも腰痛は食生活で改善できる|痛みを緩和させる食材

眼の機能を取り戻すために

眼精疲労

眼の周りの筋肉が凝り固まってしまうことが原因で生じるのが眼精疲労です。また、この眼精疲労を取り除くためには凝りを取り除くような栄養素を積極的に摂取する栄養療法が効果的で、特に効果抜群なのがアントシアニンとルテインをセットで摂取するようにすることです。

もっと見る

蜂蜜に含まれる物質

はちみつ

ミツバチの巣から摂れるプロポリスの原液は味やにおいが独特なためそのまま摂取することが難しいです。牛乳やヨーグルトなど濃い味と組み合わせて摂取すると良いです。また、プロポリスはいつでも摂取しても効果がありますのでぜひ知っておいてください。

もっと見る

アンモニアの解毒のために

栄養補助食品

オルニチンは、アルコールの分解によって発生したアンモニアを解毒するアミノ酸です。体内で合成されるアミノ酸なのですが、年をとるとその量が少なくなりますし、それによって体はアンモニアの毒性の影響を受けやすくなります。それを防ぐために、多くの人がオルニチンを多く含むシジミのサプリメントを飲んでいます。

もっと見る

栄養と運動

腰痛

食べるべきもの

腰痛を改善するならば玄米、大豆、山芋などを意図的に食べるようにすると良いです。理由は血行を良くして、代謝を促したり、これらに含まれる栄養素が痛めた部分の改善につながると考えられているからです。これらの食べ物は腰痛の改善につながる食品の中でも、手に入りやすく、安価で、調理もしやすいという特徴があります。他にも腰痛の改善につながる食品はありますが、高かったり、手に入りにくかったり、調理方法に困ったりするものも多いです。ですから、日本人は、玄米と大豆と山芋を多く食べるようにすると良いです。日本人には馴染みのある食材なので、調理方法にも困らないだろうし、口にも合うはずだからです。ただ、たべるだけで腰痛の改善につながるので、腰痛持ちの人にはとても人気がある食材です。

適度な運動

食生活を改善しただけでは、腰痛が改善しない場合も多いです。ストレッチをしたり、筋肉トレーニングをしたりすることも大切です。ストレッチをすることで血行が良くなり、回復が早まります。また、緊張している筋肉が伸ばされることで、筋肉が緩み、腰痛が改善することも多いからです。特に筋肉が緊張しているせいで腰痛が起こっているなら、ストレッチを沢山した方が良いです。筋肉トレーニングは腰を支える筋肉をつけることで、腰への負担を減らします。痛めている時にやると悪化させますが、痛くない時にやれば、腰痛の予防になるのです。腹筋や背筋、体側の筋肉などを万遍なく鍛えることが大切です。ストレッチと筋肉トレーニングの両方の効果が得られるヨガを習うと良いです。